曲線を使った飾り棚の作り方(型紙付き)

今回は、平板を曲線にカットして、飾り棚を作りましたので、作り方を公開したいと思います。
飾り棚完成写真

図面も公開します。
飾り棚図面
(寸法はすべてmmです。以降の説明もすべてmmです。)
(図面上で、右クリックして、”名前を付けてリンク先を保存”を選択すると図面データ(pdf)をダウンロードできます。

このような、曲線を使った家具を作ってみたいけど、綺麗な曲線ができないと悩んでいる方は、多いかと思います。

そこで、今回は、型紙をご用意しました。
大抵のご家庭のプリンターは、A4サイズまでしか印刷できないと思いますので、型紙はA4サイズにおさまるように、2分割しています。
型紙_上


型紙_上
(両方の図をダウンロードしてください。ダウンロードの仕方は上部の図面のダウンロードの仕方と同じです。)

では、型紙の使い方を簡単にご説明します。
まず、板の準備から始めます。図面通りにワンバイ材をカットしてください。
できましたら、型紙を印刷し、上と下をテープ等でつなぎます。
(同じ数字通しの交点を合わせてください。)
型紙使い方1
この時、写真のように、上下の余分な部分も切っておくと、板に曲線を転写するときに楽になります。

型紙使い方1
次に、裏面を鉛筆で塗りつぶします。もちろん全てではなく、線の周辺だけでOKです。
できましたら、カットした板に型紙を合わせて、実線の上を鉛筆などでなぞります。
そうしますと、下の写真のように、板に曲線が転写されると思いま。
型紙使い方1
これで、曲線に合わせて切り始めても良いのですが、できれば、板の裏面にも曲線を転写しておけば、カットするときに、役立ちます。その場合は、型紙の点線部分を使って、先ほどと同じように転写なさってください。

ここまで、できれば、あとは、ジグソーなどで、カットしていくだけです。
ジグソーがなくても、のこぎりとノミがあれば、作成可能です。
のこぎりとノミで加工する方法は、のちのち、アップしたいと思います。

組立て方については、スパイスラックの作り方などの記事を参考にしてください。

では、出来そうだなあと思われた方は、型紙をダウンロードして是非、チャレンジしてみてください。
今後、このような型紙を使った家具を少しずつ、アップしていきたいと思います。