ラッパとフレキの違い

ビスには、いろんな種類があるので、どれを買えば良いのか迷うことが多いと思います。
1つの種類のビスの中にも、さらに種類がある場合があります。
そうなると、さらに分からなくなってしまいます。

そこで、今回はそんなビスの中で、良く使うコースレッドについて解説したいと思います。

コースレッドは、木材どおしを固定するしたり、ボードと木材の固定によく用いられるビスです。
そのコースレッドに、ラッパとフレキという二種類があるのは、ご存知でしょうか。
(材質などの違いなどによって種類はさらに多くなりますが・・・)

では、このラッパとフレキはどこが、どう違うのでしょうか?
それは、ビスの頭部分に違いがあるのです。
ラッパとフレキの違い

上の図を見ていただいて、わかるように、ビスの頭部分が緩やかなカーブになっているのが、ラッパで
突起物がついているのが、フレキです。

では、これら2種類のビスは、作業する上でどのような違いがあるのでしょうか。

それは、簡単に言うとビスが材料に対して沈みやすいかどうかという違いが生じます。
ラッパの方が沈みにくく、フレキの方が沈みやすいといえます。

ですので、その違いを意識して、用途によって使い分ける必要があります。


ラッパの用途

では、ラッパとフレキ それぞれどのような用途に用いればよいのでしょうか?

まず、ラッパですが、
木材の下地材どおしを固定するのに用います。
下地材は、比較的やわらかいので、ラッパでも十分沈みこむからです。

さらに、プラスターボードを固定するときには、ラッパを選択する必要があります。
プラスターボードというのは、石膏を固めたものの表面に特殊な紙で
はさんでいるものです。
この紙をできるだけ破らずに、ビスを表面より少し沈めるのが、
良いビスの固定の仕方になります。
ですので、フレキですと、ビスが沈みすぎて、表面の紙を突き抜けてしまいます。
そうなると、ビスで留めている意味がなくなってしまいます。
ですので、プラスターボードを固定するときは、必ずラッパを選択する必要があるのです。


フレキの用途

次に、フレキですが、
これは、板材と下地材の固定するのですが、板材が硬い材料のときに用います。
例えば、ケイカル板が代表的なものですが、材料が硬いためラッパですと、
ビスが沈みこめず、空回りしていまいます。
ですので、ケイカル板のような硬い材料の際には、フレキを使う必要があります。

また、合板も表面が硬くラッパでは、沈みこまないことがありますので、その際はフレキを使う
必要があります。
 (合板の固定には、コンパネビスというものもあります。少し値段が高いですが)


今回は、コースレッドを例に、ラッパとフレキに違いを解説しました。
店やネットショップでビスを買われる際には、ラッパなのかフレキなのかを
ご確認の上ご購入ください。