サンドペーパーはロール式がオススメ

サンドペーパーといえば、A4程度の紙状のものを思い浮かばれると思いますが、
わたしが普段使っているのは、ロール状のものです。

ロール式サンドペーパー

このペーパーの特長としては、箱にサランラップと同じような刃がついています。ですので、必要な分だけ引っ張り出して、簡単に切れるのです。

さらに、これが、この商品の最大の特長なのですが、裏にのりがついているのです。
ですので、木のハギレなどにくっつけて使うことができます。

ロール式サンドペーパー2

これは、非常に便利ですし、なおかつ仕上がりの綺麗さは抜群です。
木に貼り付けることによって、均一に力が入り、非常に綺麗に仕上がるのです。

ホームセンターなどではあまり見かけないのですが、ネットで購入できます。


ちなみに、サンドペーパーの番号ですが、粗い方が小さい番号で、粒子が細かくなるほど番号が大きくなります。

ホームセンターに行くといろんな種類があって悩むと思いますが、わたしの経験上、木工で使うなら3種類ほどあれば十分だと思います。
わたしの場合、100番、150番、250番の3種類を使い分けています。

100番、150番で材木の表面を整え、塗装する場合は250番で磨き上げます。

どの番号を選べば分からない方は、この番号からまず試してみてはいかがでしょうか。