コード式か充電式か

インパクトドライバーを買おうと思っておられる方に選ぶときのポイントをお伝えします。


インパクトドライバー


ドリルドライバーの方が良いのでは、と思われた方。そもそもインパクトドライバーとドリルドライバーの違いが分からないという方は、当サイトの下記のページを参照ください。
電動ドライバーの選び方


では、まずコード式にすべきか?、充電式にすべきか?についてです。

結論から言いますと充電式をわたしはオススメします。利便性と操作性は段違いにバッテリー式の方が優れているからです。
充電式ならどこでも、作業ができます。コンセントの位置を気にする必要はありません。屋内でも、庭やガレージなどの屋外でも作業ができます。これは大きなメリットではないでしょうか?

また操作性に関しても、電源コードがないためにとても良いです。コード式なら常にコードを意識していないといけません。コードの長さであったり、コードが物に引っかかったりするのを気にしながら作業しなければならないのです。わたしも何度かコード式のインパクトドライバーを使いましたが、これらのことは非常にストレスになります。

そのような利便性と操作性の観点からわたしは充電式を強くオススメします。

とはいっても、充電式の方がコード式よりも値段が高いというデメリットがあります。ですので、普段はほとんどインパクトドライバーを使わないという方ならコード式を選択するのも良いかと思います。
しかし、「これからバリバリ家具をつくるぞー」と決意しておられるなら充電式の購入を検討されることをオススメします。

充電式 購入際の注意点

では、ここまでの説明でやはり充電式にしようと思っていただいた方にさらに解説をさせていただきたいと思います。

購入するインパクトドライバーを充電式に絞ったとしてもまだまだ選択肢はたくさんあります。
そこで、幾つかのポイントをお伝えしたいと思います。



バッテリーは12V以上を
 市販のインパクトドライバーには、7.2V・12V・14.4Vなどが幾つかの種類があります。Vは電圧を示していますが、数字が大きいほど、パワーがあるとお考え下さい。(厳密にはほかにもいろんな要素が関係していますが)
 
では、どれくらいのパワーが必要なのかといいますと、わたしの主観になりますが、経験上12V以上は必要だと思います。
もちろん、Vが大きいほど値段も高くなっていきますので、予算との兼ね合いがあると思いますが、快適に作業するには12V以上は必要だと思います。インパクトドライバーに慣れてくるといろんな物を作ってみたくなると思います。そんな時あまりにも非力だと、なかなか作業が進みません。ですので、ある程度パワーがある方が良いと思います。

この違いはご自身で体感されないと分からないと思います。ホームセンター等には、試し打ちできるコーナーがあったりしますので、是非ご自身で違いを体感されることをオススメします。



充電時間は30分以内のものを
購入にあたって次に見るべきポイントは充電時間です。
この充電時間があまりにも長いものですと、作業をしてて非常にストレスになります。
充電をしている間、何もできずに待たされることになるのです。

ですので、充電時間はできるだけ短いほうが良いのに決まっています。
もちろん、この充電時間の違いも値段の違いになってきます。ですが、せめて30分以内のものを選ばれるのが良いと思います。

さらに言えば、バッテリーが2個以上付いているのを選ばれるなら、なお良いと思います。片方を充電しながらもう片方を使って作業できますから。



回転速度は切り替えられるものがなお良い
これまでの項目を踏まえて購入されれば、かなりの確率で満足のゆくものに出会えると思います。
さらに、欲を言えば、もう一つのポイントがあります。
それは、回転速度をスイッチによって切り替えられる製品を選ぶということです。

大抵のインパクトドライバーの商品説明を見ますとスイッチタイプが無変速となっていると思います。
これは、スイッチを押す力加減で、速度を調整できるということなのです。
もちろん通常ならそれで良いのです。ですが、このスイッチを押す力を加減するというのは、なれるまで非常に難しいのです。

ですので、必要以上にビスを締め付けてしまったり、ビスの頭を潰してしますということがよくあるのです。
それで、スピードが切り替えられるものがあれば、失敗を少なくできます。

インパクトドライバー スピード切り替え
これは、わたしが使っているインパクトドライバーで、大工などのプロが使う仕様のものですが、”打撃”というボタンを押すと、回転スピードが3段階変わるようになっています。もちろんその3段階の中で、スイッチの押す力を加減して調整することもできます。

このボタンのおかげで、特に折れやすいステンレスのビスを使う時などはとても重宝しています。

それで、スピード切り替えのスイッチが付いているかも是非調べてみてください。

まとめ

インパクトドライバーを購入する際、見るべきポイントについて書きました。
最後にポイントをまとめておきます。

コード式か充電式かといえば、断然充電式
バッテリーは12V以上
充電時間は30分以内
できれば、回転スピードが切り替えられるものを

以上の点に注意していただければ、良い買い物ができるでしょう。
では、インパクトドライバーを買って、DIYライフを楽しみましょう。