電動ドライバーを購入にあたって一番重要なこと

手作りの家具や家のリフォームをご自分でされている方なら、必ず欲しくなる工具が、電動ドライバーではないでしょうか。電動ドライバーさえあれば、穴をあけるのも、ビスを締め付けるのも非常に簡単です。ですので、欲しくなるのももっともです。
わたしも、友達に電動ドライバーを買うべきかどうか尋ねられたら迷わず、買うことをオススメしています。

インパクトドライバー


さて、では電動ドライバーはどのような基準で選べば良いでしょうか?
機能等については、色々と書きたいことがあるのですが、それは後々書くとしまして、まず最も重要な点を一つだけお伝えします。

それは、必ず ”インパクトドライバー”と記入のあるものを選んでいただきたいということです。
もちろん、ひとそれぞれ電動ドライバーを何をするかは異なると思いますが、比較的分厚い金属(1mm以上)に穴を開けるのが主な目的ではない限り、まずは ”インパクトドライバー”一台あれば大体のことはできると思います。
色々書くと、ややこしくなりますので、買いに行かれる前にこの点だけは覚えて行っていただきたいと思います。

なぜ、インパクトドライバーを強く押すのか、その理由を次に書きたいと思います。
まず、一般に電動ドライバーと呼ばれるものには主に2種類あります。それは”インパクトドライバー”と”ドリルドライバー”の2種類です。この2つがどのように違うかといいますと、大きな違いは打撃をするかしないかです。そして、打撃をするのが、”インパクトドライバー”です。
(皆さんに分かりやすく説明するためにかなりざっくり書いています。詳しく知りたい方はメーカー等のホームページでご確認ください。)

インパクトドライバーはビスを回転させると同時に、打撃を加えてねじ込ませているのです。そのためしっかりと対象物にビスを締め込むことができるのです。

一方、ドリルドライバー(メーカーによっては、ドライバドリルともいう。)は、打撃を加えず、主に回転のみで対象物に穴を開けたり、ビスを締め付けるものです。打撃を加えないため目的の位置に性格に穴を開けるのには、非常に優れた道具です。しかし、一方でビスを締め付けるとき下穴を開けないと最後まで締め付けることが困難です。


こうした違いから、わたしは電動ドライバーについて尋ねてこられる方には、インパクトドライバーを買うことを強くオススメしています。もちろん先(ビットという)を替えればインパクトドライバーでも穴を開けることができます。そしてドリルドライバーが正確な穴を開けるのに優れていると書きましたが、それは0.5mmの誤差も許されない専門家の場合であっって、通常の場合インパクトドライバーでもなんの問題もありません。
それよりも、電動ドライバーを買ってきたが、ビスが最後まで沈んでいかないってことにならないために、しつこいようですが、インパクトドライバーを選択するのが良いのです。


電動ドライバーは主に2種類あると書きましたが、ほかにもインパクトドライバーとドリルドライバーの機能が両方付いているものがあります。もしどうしてもドリルドライバーの機能も必要だと思われる方はこちらを選択するのも良いかもしれません。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを書くだけで、かなりの長文になりましたので、インパクトドライバーの中でも、どのような機種があるのかについては別のページで書きたいと思います。